• ホーム
  • 会社案内
  • 製造過程
  • 製品紹介
  • 環境への取り組み
  • 人材育成
  • 採用情報
  • お問い合わせ
会社案内

私たちは、一つ上の技術力とお客様のニーズの一歩先を見つめています。

三周全工業は、トヨタ・フォークリフト部品の溶接・加工を中心に手掛け、1969年の創業以来、着実に成長を遂げてきた企業です。その優れた技術力を活かして、機械加工や治工具製作、さらに自社製品開発にも着手。私たちはつねに一歩先の未来を見据え、品質と技能の向上を目指して、進化を続けていきます。

社長からのご挨拶

私たちは1969年の創業以来、着実に技術を積み重ね、溶接だけでなく機械加工や治工具製作、自社製品開発などの新たな分野にも挑み、ひとつずつ夢をカタチにしてきました。
これからも私たちは、培った技術とノウハウを活かして新しい分野にチャレンジするとともに、それを推進する「人」の育成に力を注いでいきます。ひとつ、またひとつ、新しい夢をカタチにしていくために。

代表取締役 稲垣 太介

会社概要

会社名
三周全工業株式会社
所在地
本社・本社工場

愛知県西尾市上矢田町郷後22番地
TEL 0563-59-1181 FAX 0563-59-1194

神明工場

愛知県西尾市上矢田町神明寺5番地1
TEL 0563-59-3955 FAX 0563-59-0545
設立
1973年9月1日
資本金
1,000万円
営業種目
フォークリフト部品の溶接及び加工 治工具製作
得意先
株式会社豊田自動織機
主な資材取引先
東海鋼材工業株式会社
明鋼材株式会社
十合刈谷酸素株式会社
主な取引金融機関
日本政策金融公庫 岡崎支店
三菱東京UFJ銀行 西尾支店
十六銀行 碧南支店
岡崎信用金庫 西尾南支店
役員
代表取締役 稲垣太介

アクセスマップ

会社沿革

1969年4月
三周設備工業を設立し建設機械部品の製造を始める
1973年8月
(株)豊田自動織機製作所様(現、(株)豊田自動織機)と取引開始、フォークリフト部品(マスト付属部品)の生産を始める
1973年9月
三周全工業株式会社に改組
1977年4月
業務拡大のため現在地に移転
1983年9月
本社工場に1,000tプレス導入
1990年5月
神明工場を新築し大型マシニング導入
2002年4月
豊永会入会
2004年2月
大型部品溶接強化のため本社工場増築
2004年3月
大型部品検査のためレイアウトマシン導入
2005年3月
トヨタL&Fカンパニー品質特別賞受賞
2006年3月
ISO14001認証取得
2008年2月
三次元測定機導入
2008年3月
トヨタL&Fカンパニー品質特別賞受賞
2008年10月
溶接道場開校
2009年3月
トヨタL&Fカンパニー生産特別賞受賞
2010年3月
技能強化のため、高須哲夫氏(愛知県技能五輪電気溶接職種検査員)を(株)豊田自動織機様から迎える
2012年3月
(株)豊田自動織機様主催、第5回技能競技会溶接部門参加(以降毎年出場)
2013年3月
トヨタL&Fカンパニー様から上記第6回大会において優秀な成績を収めたことにより表彰
2014年3月
愛知県職業能力開発協議会主催、第1回町工場技能者コンクールにて優勝