• ホーム
  • 会社案内
  • 製造過程
  • 製品紹介
  • 環境への取り組み
  • 人材育成
  • 採用情報
  • お問い合わせ

健康経営への取り組み

<健康安全宣言>

三周全工業は健康で安全・安心・快適な職場づくりを一体となって取り組み、常に一歩先の未来を見据えて進化を続けていきます。


時を共にする従業員、またその家族、
健康でいられるよう、
病気になっても回復できるよう、
病気とつきあってより快適な生活を送れるよう、
病気とつきあっている人の気持ちを感じ、思い込みや、偏見や、差別をなくし、
共に生きていくために、できることはどんどんやっていきましょう


健康経営に取り組む目的・方針

健康で安全・安心・快適な職場づくりを一体となって取り組み、常に一歩先の未来を見据えて進化を続けていきます。

健康経営に取り組む体制




健康経営に関する取り組みの実施内容や効果

・健康保持増進方針の表明「健康安全宣言」
・「健康保持増進」についての計画とマニュアルの作成
・「心の健康づくり」推進計画とマニュアルの作成、体制の確立
・「治療と仕事の両立支援」体制の確立
・中長期計画、メタボ率年2%減少、2023年度末12%
・中長期計画、喫煙率当面年2%減少、その後より減少させ、2023年度末に30%とする
・中長期計画、聴力の有所見者数を抑える
・「過重労働対策推進」についての計画とマニュアルの作成
・年次有給休暇取得取得促進計画


・安全衛生委員会、産業医の巡視・面談、現場での現状(課題)把握等を踏まえて、
毎月数回、社長・総務責任者・総務担当(健康づくり担当者)・労務健康安全専門機関との間で、打ち合わせを実施
・毎月、また事案の都度、全従業員に、テーマごとの情報発信
     =ヘルスリテラシーの向上を含む、健康に関するあらゆるテーマで
・毎月、労務健康安全専門機関が、幹部に研修会を実施。
 この内容を従業員に伝達
・コロナ感染対策は当然
・コロナワクチンを産業医のところで接種できる体制で、できるだけ早い時期に全員接種
・コロナワクチン接種の不安の具体的解消
・騒音職場の改善=騒音障害防止のためのガイドラインに合わせて
・目の保護(作業の特質も踏まえて)=溶接の安全衛生
=情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン
・熱中症対策 職場改善、通勤時対応、睡眠、飲酒、食事対応等
・メンタルヘルスケア、4つのケアの実施
=心の健康保持増進のための指針に基づいて
・歯周病対策
・定期検診有所見者の有所見に応じた、産業医、保健師による個別面談
・ストレスチェック実施機関をダブル化することにより、ストレスチェック制度が形骸化しないようにし、より実効性あるものとしている
・仕事と家庭の両立支援のため、各人材のレベルアップを含めた長時間労働対策、夏休み冬休み春休みに合わせた年次有給休暇の取得促進、育児介護時間、
育児介護休暇の取得促進
・食生活改善のため、健康食事の補助、社内の飲食物のカロリー表示等によるカロリーに関する意識向上、アプリ等の活用の励行等を行っている
・喫煙者への健康への影響研修、アンケートの実施、禁煙希望者への補助体制、禁煙達成者、非喫煙者へのイニシアチブの付与
・運動の励行、表彰、紹介


○個別対応
・社内相談窓口と、社外相談窓口を設置
・心の健康問題等による休業に関する対応、復帰に関する対応、復帰後の対応
・対象者の特定保健指導
・月45時間以上の時間外労働を行った従業員(管理職も当然含む)への産業医による面接指導の実施



健康管理取り組み事例紹介

岡崎労働基準監督署西尾支署様より「中小企業における保健師を活用した健康管理事例」として
弊社の取り組みが紹介されました。
岡崎労働基準監督署西尾支署「中小企業における保健師を活用した健康管理事例」